塗装時に入ったゴミを磨いて取り除く方法

自分で車の塗装を行う際に、ホコリや空気が入ってしまい出っ張ってしまうという経験のある方もいるかと思われますが、入ってしまった気泡などを取り除くには磨いて落とす必要があります。

まずは削るために、空研ぎ用のフィルムペーパーを何種類か用意して、流れてしまった塗装などを整えられます。

磨いてゴミ取りを行う場合には、水によりクリアが白く濁ることがありますので、水研ぎをしないように注意して作業を行います。

削る際には、力を入れすぎず出っ張り部分のみ取り除くようなイメージで削っていき、削り過ぎないように番数を上げつつ磨いていき、コンパウンドとポリッシャーを使って磨いて完了です。

出っ張り部分を磨くときには、磨きすぎると失敗することがありますので、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事