簡単に分かるタイヤ交換時期

タイヤは車の安全を守る大事なパーツの一つですが、交換時期が分かりにくくて言われるまで交換しないという方も少なくありません。
しかし、タイヤが減ったまま走行するとブレーキが利かなくなり事故に繋がる可能性があるので定期的に点検しましょう。

ガソリンスタンドや車の修理工場などで「タイヤが減っていますよ」と言われる事がありますが、その「タイヤが減っている状態」を自分で判断出来るようになればより安全です。
交換の目安としてタイヤには地面に接する部分の側面にある「△」マークの延長線上を見てみましょう。
すると溝部分が盛り上がっている部分があると思いますが、これを「スリップサイン」と呼びます。
タイヤの残り溝が1.6mmまで減ってくるとこのスリップサインが表れ、そのタイヤがスリップしやすくなる危険がある事を知らせてくれますので、表れた時期を目安にタイヤを交換しましょう。

また冬場に活躍するスタッドレスタイヤにも同じように使用期限が定められています。
スリップサインとは別に、更にタイヤの側面側に矢印マークがあり、その延長線上に新品タイヤの溝の半分程度まで盛り上がっている場所があります。
この盛り上がっている場所がすり減った溝と同じ高さになってしまうと、そのスタッドレスタイヤは本来の機能が果たせないので、交換する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事