失敗しない中古車の選び方とは

車を運転する際には、外装や内装だけでなく、ドライブに必要な機械類などのチェックも怠ってはいけませんので、見極め方について紹介いたします。

エンジンルームを開けたら、エンジンオイルのチェックとしてオイルの色が綺麗かどうか、ブレーキオイルとバッテリー液、ウォッシャー液と冷却水の量なども確認しておきましょう。

エベルトの緩み具合や傷みの有無、さらにはパイプ類も裂目や錆がないかどうかを確認しておき、オイルキャップが汚れている場合には、オイルの交換がされてないことが考えられますので注意しましょう。

ボンネットの裏には緩衝材が付いていますが、傷みが無いかどうか確認し、車の後部も忘れずにチェックして、トランクルームなどに汚れが無いかを見ておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事